貸室一時賃貸借契約書ひな型サンプル



       を賃貸人とし、     を賃借人とし、     を連帯保証人として、
各当事者間において次の通り貸室一時賃貸借契約(以下「本契約」という。)を締結した。


第1条(目的物件)
   賃貸人は、その所有する下記貸室(以下「貸室」という。)を賃借人に一時賃貸し、
  賃借人は、これを借り受けした。
   貸室の表示
      所 在 地
      家屋番号
      構  造
      床 面 積
      附帯設備

第2条(賃 料)
   1.賃料は、1ヶ月を30日として日割り計算した額を算出し、賃借人は前条の賃
    貸借期間の初日より  日前までに、その賃料の全額を賃貸人方に持参または賃
    貸人が指定する金融期間の口座に送金して支払う。
   2.賃料が、土地・建物の公租公課等の増額、土地・建物の価格の上昇その他の経
    済事情の変動および近隣の賃料との比較等により相当しなくなったときは、賃貸
    人は、契約期間中でも賃料の増額を請求することができる。
第3条(賃貸借期間)
   賃貸借の期間は、   年  月  日から   年  月  日までの  日間
  とする。
第4条(管理・共益費等)
   1.管理・共益費及び附帯設備料ならびに雑費(以下「管理・共益費等」という。)
    は、1ヶ月を30日として日割り計算した額を算出し、賃借人は前条の賃料のほ
    かに、第3条の賃貸借期間の初日より日前までに、その管理・共益費等の全額を
    賃貸人方に持参または賃貸人が指定する金融期間の口座に送金して支払う。
   2.賃借人は、解約の申入れをした場合でも、解約の効力が発生する日までの管理・
    共益費等を支払わなければならない。
   3.賃貸人及び賃借人は、管理・共益費等が第2条2項に準じる事由により不相当
    となったときは、改定することができる。


―――――――すみません。お見せできるのは以上です。―――――――


お問い合わせ・ご注文はこちら


一般価格¥4,600(税別)→会員価格¥2,900(税別)
TOPページへ