加盟店基本契約書ひな型サンプル



 フランチャイザーである             (以下、甲という。)と、フランチ
ャイジーである         (以下、乙という。)とは、以下のとおり、
          の経営について、フランチャイズ契約を締結した。


第1章  総     則


第1条(趣  旨)
 甲は、乙に対して、甲の標章である       の統一的、同一のイメージのもとに、
甲のフランチャイズシステムによる事業に加盟する店舗(以下、加盟店という。)を経営
することを許諾し、かつ、本部として、継続的に、加盟店経営の指導、技術支援およびサ
ービス(市場調査、商品仕入支援、仕入資金などの調達についての信用の供与、販売促進
の援助・協力、広告・宣伝、簿記・会計処理、店舗・在庫品の管理の手助け、店舗計画な
ど。)を行なうことを約束し、乙は、加盟者となるための研修を修了して、その資格の認
定を受けた上、甲の許諾のもとに、加盟店の経営を行ない、これについて甲に一定の対価
を支払うことを約束し、ここに甲および乙は、       事業についてのフランチャ
イズ契約を締結することに合意した。


第2条(独立の事業者)
@ 甲と乙とは、それぞれフランチャイズ関係においては、本部と加盟店とを運営する役
 割を果すことになるが、ともに独立の事業者であるから、乙は、甲の代理人または、使
 用人ではなく、且つ甲のために商行為その他を行なう何らの権限や地位をもつ者ではな
 い。
A 加盟店の経営は、乙の独自の責任と手腕により行なわれ、その判断で必要な従業員を
 雇用する等事業主として、すべての権利を有し、義務を負う。


第3条(加盟資格)
@ 加盟店を経営する資格を認められるには、下記事項を備えなければならない。
   (1)第8条による研修の全過程を修了したのち、甲から適格者としての認定を受
     けること。
   (2)甲との事前の協議により、予定営業店舗が確定していること。

A 乙は、加盟店の経営を甲の文書による承認を受けて、会社または、その他法人の形態
 をもって、行なうことができる。ただし、この場合に、その法人が乙と独立または別個
 に加盟資格を有するものではなく、乙が甲とのフランチャイズ関係を有しなくなったと
 きは、当該法人は、自動的に、加盟店経営に関する権利をすべて失う。

B 前項の場合においては、乙および当該法人は、甲に対し連帯して、この契約に定める
 責任を負う。

C 法人が本条第1項の加盟資格を得ようとする場合には、甲の文書による承諾必要とし、
 本書のほか、別に定める特約に従う。


―――――――すみません。お見せできるのは以上です。―――――――


お問い合わせ・ご注文はこちら


一般価格¥9,400(税別)→会員価格¥5,900(税別)
TOPページへ