ちょっと待った!その特許申請、実用新案登録申請、意匠登録、商標登録、この情報を見てからでも遅くない!

商標願書ひな型「パッとMARK」初めてでも、自分でできる商標登録申請講座

  • トップページ
  • 商標願書ひな型「パッとMARK」

商標登録出願は自分でもできる!!

商標登録は特許事務所に頼まないとできないというのは、まちがいです。
商標登録の出願(申請)が、ご自分でできる事をご存知ですか?

商標登録の出願手続には2つの方法があります。
ひとつは、多くの方が行っている特許事務所に出願手続の代行を依頼する方法。
もうひとつは、自分で出願書類を作成し、自分で出願手続をするダイレクト出願方法です。
図:一般的な出願
特許事務所に商標登録の代行を依頼する方法は、時間と手間を省く事ができます。
図:ダイレクト出願
それとは異なり、ご自分で商標登録の出願するダイレクト出願方法は、
ご自身で出願書類(申請書類)を作成するため、正直、時間と手間は、それなりにかかります。
ただ、その分、出願書類作成のための費用をコストダウンできる事が大きな魅力です。

まずは、願書=商標登録願を作成してみましょう

ご自分で商標出願(商標申請)を行うためには、願書=商標登録願を作成する必要があります。
以下商標登録願イメージをクリックすると、記入例と作成方法をご覧いただけます。
まずは、商標登録願を作成してみましょう。 商標登録願
商標登録願

さあ、いよいよ出願です

商標登録出願書類が作成できたら、
A4サイズの用紙が入る封筒に書類を折り曲げずに入れます。以下の点に注意してください。

  • 出願願書の提出日と、投函日(又は特許庁へ持参する日)が同じか確認してください。
  • 出願願書以外(送付案内など)は、一切同封しないでください。
  • 書留郵便の受領証は出願日の日付証明になります。大切に保管しておいてください。
  • 出願願書のコピーをしておきましょう。後日の応答用として保管します。
  • 紙で商標登録出願した場合、後日(財)工業所有権電子情報化センターより、
    下記の電子化料金が請求されます。延滞なくお支払いください。
    出願1件につき・・・基本料金1,200円+(700円×書類枚数)

後は、特許庁へ書留郵便で郵送すれば、商標登録出願手続は終了です。

もし、わからないこと、不安なことがあったら・・・

  • 出願したい商標に指定する商品・サービスの区分はどうしたらいいんだろう?
  • せっかく作成した願書=商標登録願に不備があったらどうしよう...

初めての商標登録出願だとなおさら、出願書類を一から作成する過程で、多くの疑問や不安がででくるかと思います。このため、テンプレート式の商標登録出願願書ひな型をご用意しました。
このひな型を使用して、

  1. 住所や名前など、必要事項を入力します。
  2. 不要な項目を削除します。
  3. 出願したい商標の見本を貼り付けまたは記入します。

たったのこれだけで簡単に商標登録出願願書を作成することができます。
初めての方でも30分(早い人は15分)で、願書ができてしまいます!
しかも、監修弁理士のノウハウをもとにしていますので、初めてでもプロ並みのできあがり。
また、特許アドバイザーがこのひな型で作成した願書の添削をいたしますので、
願書の不備を気にすることなく、安心して出願することができます!

ご購入されたお客様の声(抜粋)

調査料金・お問い合わせはこちらから!

直接、お電話で相談されたい方は、下記フリーダイヤルからどうぞ!電話番号(フリーダイヤル)0120-51-9171 受付:9:00〜17:00 (土日祝・盆・年末年始除く)