商標願書ひな型「パッとMARK」初めてでも、自分でできる商標登録申請講座

お問合せで多いのが、商標出願から登録まで、どの位の費用が掛かるの?というご質問です。

◆ 商標出願を行う際には、その商標を使用する「商品」又は「サービス」を指定し、商標願書に記載することになります。
商標法では、サービスのことを「役務(えきむ)」といい、指定した商品を「指定商品」、指定した役務を「指定役務」といいます。
この指定商品・指定役務によって、権利の範囲が決まります。
また、指定商品・指定役務を記載する際には、あわせて「区分」も記載する必要があります。「区分」とは、商品・役務を一定の基準によってカテゴリー分けしたもので、第1類から第45類まであります。

◆ この区分の数によって費用は変わりますが、最低必要な費用と具体例をご案内いたします。

※区分についての詳細は、特許庁HP「商標分類に関する情報(外部サイトへリンク)」を御覧ください。 また、個別の商品・役務の区分を調べたい場合、特許情報プラットフォーム(J-PlatPat)の「商品・役務名検索(外部サイトへリンク)」で検索することができます。


商標出願から登録まで、その後商標権を維持する為に必要は費用はどれくらい?

商標願書ひな型『パッとMARK』¥35,000(税別)/1区分 (1区分追加毎にプラス¥20,000(税別))
出願料※¥3,400+(¥8,600×区分数) 
登録料※¥28,200×区分数…10年分 (分納¥16,400×区分数…5年分)
更新登録料※¥38,800×区分数…10年分 (分納¥22,600×区分数…5年分)


※出願料、登録料、更新登録料は、特許庁へ納める費用です。
商標願書ひな型は弊社の商品です。

※商標権の存続期間は、設定登録の日から10年で終了します。
ただし、商標は、事業者の営業活動によって蓄積された信用を保護することを目的としていますので、必要な場合には、更新登録の申請によって10年の存続期間を何度でも更新することができます。

※出願を書面で手続する場合、電子化手数料を納めなければなりません。
◇1件につき「1,200円+(書面1枚×700円)」
◇願書の提出日から1~2週間で振込用紙が送付されますので、提出日から30日以内に振込します。
詳しくは、特許庁HP「書面で手続する場合の電子化手数料について」をご確認ください。


登録をお考えの商標に関して、いくら位掛かるかイメージしてみましょう

■■ 日本酒の名前を商標登録したい ■■

指定商品「日本酒」は第33類が該当しますので、第33類の1区分を指定して、出願します。

商標願書ひな型『パッとMARK』・・・35,000円(税別)
出願料・・・12,000円
登録料・・・28,200円(10年分)
●登録までで78,000円となります。(※書類の補正や拒絶が無く、スムーズに登録になった場合)
●商標権を維持する場合、10年毎に38,800円(5年分納もあり)掛かります。

■■ エステの店名とオリジナル化粧品の名前を商標登録したい ■■

指定商品「化粧品」は第3類、指定役務「美容」は第44類が該当しますので、第3類及び第44類の2区分を指定して、出願します。

商標願書ひな型『パッとMARK』・・・55,000円(税別)
出願料・・・20,600円
登録料・・・56,400円(10年分)
●登録までで136,400円となります。(※書類の補正や拒絶が無く、スムーズに登録になった場合)
●商標権を維持する場合、10年毎に77,600円(5年分納もあり)掛かります。

■■ 宅配弁当も取り扱うレストランの店名を商標登録したい ■■

指定商品「弁当」は第30類、指定役務「弁当の宅配」は第39類、「レストラン」は飲食物の提供として第43類が該当
しますので、第30類・第39類・第43類の3区分を指定して、出願します。

商標願書ひな型『パッとMARK』・・・75,000円(税別)
出願料・・・29,200円
登録料・・・84,600円(10年分)
●登録までで194,800円となります。(※書類の補正や拒絶が無く、スムーズに登録になった場合)
●商標権を維持する場合、10年毎に116,400円(5年分納もあり)掛かります。